顎ニキビは肝臓の悪化が原因の一つです。顎ニキビと肝臓の意外な関係をご紹介します。

肝臓が悪化すると顎ニキビが増える?

顎ニキビ悪化

肝臓はアルコールを分解したり、有害な毒素を分解してくれる
とても大切な役割を果たしている臓器です。

 

一般的には、肝臓が悪化することで顎ニキビが増えることは
まだあまり知られていません。

 

あなたが繰り返し顎ニキビに悩まされている原因が
肝臓にあるかもしれません。

 

顎ニキビと肝臓の以外な関係を詳しくお伝えします。


肝臓の悪化と顎ニキビ発生の原因

肝臓の主な役割は、アルコールや食事に含まれている
有害な物質を分解して無害化にすることです。

 

肝臓が悪化することで肝機能が低下すると、
毒素の分解が滞ってしまい、血液中に毒素が入り込んでしまいます。

 

これにより、肌荒れやニキビ発生の原因になります。

 

肝機能の低下は皮脂の過剰分泌を引き起こします。
さらに皮脂を詰まらせる原因となります。

 

女性の顎の毛穴は男性に比べ小さいので
皮脂や汚れが詰まりやすい肌環境です。

 

これにより、毛穴に詰まった皮脂によって
アクネ菌の増殖が起こり顎ニキビが発生します。

肝臓の悪化を防いで顎ニキビ予防

肝臓は、飲み過ぎ・食べ過ぎ・ストレス・疲労などによって
悪化していきます。

 

過度なアルコールの摂取を控えて規則正しい生活習慣を
心がけることが大切です。

 

具体的には、

お酒を飲み過ぎない

日本人の肝臓は欧米人に比べると小さく肝機能が悪化しやすい体質です。
さらにアルコールを分解する酵素も日本人の4割が不足しています。
お酒の量もそうですが、あまり強いお酒は控えたほうが肝臓には安心です。

 

便秘をしない

慢性的な便秘は、腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が優位な状態です。
この状態が続くと腸内の有害物質を解毒するために肝臓の負担が大きくなります。

 

ビフィズス菌などの善玉菌を日頃から摂取するようにして
腸内環境を整え便秘を予防しましょう。

 

栄養バランスの良い食事をする

脂っこい食事や甘いものが大好きな方は気をつけて下さい。
これらの食事は肝臓に脂肪がたまって肝機能の低下につながります。
偏った食事をさけて栄養バランスの良い食事を心がけてください。

 

ストレスを発散する

日々のストレスが溜まってくると交感神経が優位になり
内臓への血流が悪くなります。
これにより肝臓への血流も滞り肝機能の低下につながります。

 

適度な運動をする

運動不足による肥満は肝臓にとって大きな負担となります。
適度な運動を心がけて肝臓への負担を軽減しましょう。

 

以上のように肝臓への負担を減らすことで
顎ニキビの予防にも効果を発揮します。

 

さらに、顎ニキビの毛穴の詰まりを防ぐ為にも
顎ニキビ専用のジェルを併用することも効果的です。

 

女性の顎周りには男性に比べ毛穴が小さく
また、汗腺の量もすくないため、乾燥しがちです。

 

こらら、「毛穴が小さい」「乾燥しやすい」ことは
顎ニキビの発生のリスクを高めてしまいます。

 

そこで、顎ニキビ専用ジェル「メルライン」を
使うことで肌のターンオーバーを改善して顎ニキビを予防します。

 

実際にメルラインを使った方の感想もたくさんあるので
気になる方はチェックしてみて下さい。

 

>>顎ニキビを今すぐ改善する!